熱中症には気をつけましょう

今回は、熱中症についてご説明していきます。埼玉県も8月に入り猛暑日が続いていますね。毎年、多くの方が熱中症にかかり、重篤化する恐れもあります。最近では、新型コロナウイルス感染症対策の為にも、夏場でもマスクを着用しなければならないので、この熱中症という症状が増えています。初期症状を見極め、適切に熱中症に対処しましょう。


軽度:現場での応急処置で対応できる症状

・立ちくらみ(脳への血流が瞬間的に不十分になったことで生じる)

・筋肉痛、筋肉の硬直(発汗に伴う塩分の不足で生じるこむら返り)

・大量の発汗

中等度:病院への搬送を必要とする症状

・頭痛

・気分の不快

・吐き気

・嘔吐

・倦怠感

・虚脱感

重度:入院して集中治療の必要性のある症状

・意識障害、けいれん、手足の運動障害

・高体温(体に触れると熱い。放射熱、重度の日射病)

※声をかけても反応しない、おかしな返答をする、または、体がガクガクとひきつけを起こしている、まっすぐ歩けないなどの異常がある時は、重度の熱中症にかかっている恐れがあります。また、自分で上手に水分補強ができない場合などは、無理やり口から飲ませることはせず、すぐ医療機関を受診しましょう。


効率的な水分補給

「のどが渇いた」と感じたときには、すでに水分不足になっていることが多いです。熱中症対策としても、夏場は大量の汗をかきやすい為、定期的に少しずつ水分を補給することはとても大切になります。しかし、水分補給は「水」さえ飲んでおけばいいわけではありません。汗を大量にかくと、熱中症のほかに「低ナトリウム血症」という症状を引き起こしてしまいます。低ナトリウム血症とは、体内の「塩分」が不足した場合に発症し、症状としては熱中症や脱水症状と似たものになります。汗の成分には水の他に塩分も含まれています。そのため、大量に汗をかいたとき、水ばかり補給してしまうと、体の中の塩分濃度が低下してしまい低ナトリウム血症に陥るということになります。このことから、水分補給は水ではなく「スポーツドリンク」を摂取することが効果的となります。外での活動を多く行った方は、ぜひスポーツドリンクを飲むように心がけてみてください。


暑さに負けない身体作りも大切

暑さへの適応力は、日常生活の工夫によって身につけることができます。そのために大切なのが、汗をきちんとかく習慣。日頃からウォーキングなどの運動や入浴などで汗をかく機会を増やしておきましょう。発汗がスムーズだと、突然の気温の上昇にも対応しやすいので、熱中症にもかかりにくくなります。もちろん、汗をかいた際は、先ほども述べたように水分補給は欠かさないで下さいね。

他には毎日の体調管理も大切になってきます。十分な栄養と睡眠に加えて、室内の温度・湿度管理にも気にしてみてください。冷房により室内と外気温との差が大きいと、出入りのたびに体への負担が掛かってしまいます。理想の室内温度は28度前後に設定すると良いでしょう。


万が一熱中症になった場合は?

・涼しい場所に移動する

・服を緩める

・身体を冷やす(首やわきの下、太ももの内側には大きな血管があるので、そこを冷やすと効果的。)

・水分と塩分を補給する


熱中症には十分気をつけて、楽しい夏を過ごしましょう!!

 

上尾よつば整骨院・整体院

院長 芝崎友昭

TEL:048-783-4393

上尾市、桶川市、さいたま市の方々を中心に地域貢献を目指しています。