ストレートネック治療|上尾よつば整骨院

ストレートネックとは?

ストレートネックとは別名:スマホ首とも呼ばれています。首は正常であれば「く」の字のような軽い反りがありますが、その反りが少なくなったり、無くなって真っ直ぐになってしまった状態をストレートネックと称されています。健常な方ですと、頸椎の角度が緩やかに30~40度の前彎角度を保っているのですが、前彎角度が30度以下になるとストレートネックと診断されます。


ストレートネックになる原因

・スマホのいじりすぎ

ストレートネックは別名:スマホ首とも呼ばれているくらいなので、長時間のスマホ操作はストレートネックになる危険性が高いとされています。スマホを操作する際、自然と頭部が肩より前に突き出す姿勢へとなります。この姿勢を長く続けると、頭部の重みで首に負荷がかかり、頭部を支えきることができずにストレートネックになってしまいます。

・高すぎる枕

毎晩高い枕で寝ていると、頸部が圧迫され首や肩に大きな負担が掛かりやすい為、周りの筋肉が緊張しやすくなります。その状態が長時間続いてしまうと、筋肉の硬さで首が前にもっていかれ、ストレートネックになる可能性があります。

・長時間のパソコン作業

パソコン作業もスマホ操作同様、頭部が肩より前に突き出す姿勢が続いてしまうと、首に負担がかかりストレートネックになる原因となります。パソコン作業は特に「前かがみ」になりやすい為、猫背姿勢にも気をつけなければなりません。


ストレートネックの症状

ストレートネックになると、頭部の重心が前に移動してしまうために、首の筋肉を中心に、肩、背中周りの筋肉が過緊張しやすくなります。慢性的にその状態が続くと、首の痛みや肩こりなどの症状が現れます。症状が進行していくと、首の神経を痛め、頭痛・片頭痛、手足のしびれ、めまい、吐き気などの症状を引き起こすこともあります。


ストレートネックの予防

・スマホの操作は目の高さでみるようにしましょう

・長時間同じ姿勢を続けない(20~30分に一回は姿勢を変えたり、立ち上がるようにしましょう)

・デスクワーク作業中は猫背姿勢に気をつけましょう

・机の高さを見直す

・ゲームのやりすぎは控える


ストレートネック治療

当院では骨盤矯正を中心に背骨、首の矯正を専門的におこなっております。もちろんストレートネックの矯正治療もおこなっているので、根本からの改善に期待ができます。症状のレベルにもよりますが大体、2~3ヵ月ほどで症状が改善されていきます。

 

上尾よつば整骨院・整体院

院長 芝崎友昭

TEL:048-783-4393

上尾市、桶川市、さいたま市の方々を中心に地域貢献を目指しています。

前の記事

ギランバレー症候群とは

次の記事

坐骨神経痛の基礎知識