坐骨神経痛の基礎知識

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」が、様々な原因によって圧迫、刺激されることで発生する症状です。鋭い疼痛やしびれなどの症状を伴います。坐骨神経は、体の中で最も太く、長い神経なので、その影響は体に大きく関係していきます。症状は主に、お尻から太ももの後面にかけてのしびれ、ふくらはぎや足の甲、足先のしびれや疼痛、ふくらはぎの張りや冷感、灼熱感、締め付け感など、人により症状は様々です。


坐骨神経の原因

1つ目は、「椎間板ヘルニア」によるものが1番多いといわれています。椎間板とは、背骨を構成している椎体と椎体の間にあるクッションの働きをする軟骨です。この軟骨がはみ出したり、飛び出したりしてしまうのが椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアが、腰の部分で発症すると、神経を圧迫して坐骨神経痛を引き起こしてしまいます。腰椎(腰)は上半身を支える重要な部分です。大きな荷物を受け持ち、同時に可動性も大きいため、椎間板の障害を起こしやすいといわれます。

2つ目は「梨状筋」というお尻の筋肉が神経を圧迫して坐骨神経痛を発症するものです。お尻の筋肉が硬くなっていたり、うまく使えていないことが原因と考えられています。梨状筋が血行障害などで硬くなると、坐骨神経が圧迫や摩擦を受けやすくなり発症します。長時間のデスクワークなど、座った姿勢が長く続くと、梨状筋が硬くなりやすいため注意が必要です。


坐骨神経痛の原因は、1つではなく複合的な原因により発症する場合が多く、さらに人によって症状は様々です。そのため、1人1人にあった治療法、改善法があります。上尾よつば整骨院では、患者様1人1人の原因を突き止め、その患者様にあった施術をおこなうことで、症状の軽減、解消に努めています。

骨盤矯正をすることにより、歪んだ骨盤や背骨を正しい姿勢に戻し、腰椎の負担を軽減することが期待できます。さらに、自宅でできるセルフケアやストレッチの指導もおこなっているので、坐骨神経痛でお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

 

上尾よつば整骨院・整体院

院長 芝崎友昭

TEL:048-783-4393

上尾市、桶川市、さいたま市の方々を中心に地域貢献を目指しております。