筋膜性腰痛について

皆さんは日頃の生活、長時間同じ姿勢で過ごしていませんか?または、運動後に腰の痛みを感じたことはありませんか?今回は、特異的腰痛と呼ばれる中の筋肉のストレスからなる「筋膜性腰痛」について話していきます。

まず、特異的腰痛とは、いろいろな腰痛がある中で、それぞれの特徴があり各々の治療法があるものを指します。その中の筋膜腰痛は筋肉などに過度なストレスが加わり発生するといわれるものになります。過度なストレスを強いられることで、交感神経が優位に働き、一部の筋肉の緊張が強くなることで、崩れたバランスを整えようと腰の筋肉に負担が掛かり腰痛に繋がります。

スポーツ活動ではピッチング、ジャンプ、スイングなどスポーツ全般の動きで特異的腰痛を発生しやすく、また前傾姿勢を続けるゴルフやジャンプスポーツの着地時の衝撃なども原因となります。

他には、骨盤や背骨の歪みから筋肉に過度のストレスが加わり症状を発生します。これらが悪化してしまうと、最終的にぎっくり腰や坐骨神経痛に繋がってしまう恐れもあるため、長く腰痛を放置することは注意が必要です。

 

当院の治療として、根本的に腰痛を改善させるため、矯正技術を用い、痛みの原因部分にアプローチしていく治療をおこなっています。骨盤や背骨を正しく整えることで、血液循環や神経の働きも改善され、筋肉への負担を軽減する効果が期待できます。さらに、深部の筋肉に対しては、手技治療でほぐしたり、筋膜治療で強く癒着してしまった筋膜を剥がし、柔軟性を取り戻す治療などもおこなっています。

 

腰の痛みでお困りがあれば、お気軽にご相談ください。

 

上尾よつば整骨院・整体院

院長 芝崎友昭

TEL:048-783-4393

上尾市、桶川市、さいたま市の方々を中心に地域貢献を目指しています。

次の記事

8月の連休について